あぴネッツフラッグ 〜自分の目指すところに夢のflagを〜

あぴネッツの企画を始めて早や3年近くになります。自分の目指す場所を決めたとき、今までにない力が生まれ、ようやくスタートができる位置にまできました。あぴネッツの案が生まれて育っていく、山あり谷ありの日々を日記形式で綴っています。
多くの方に支えられて今があることを感謝しつつ・・

●あぴネットの大義名分とは

あぴネットの支援者を求めて

 2008.11                                          

あぴネットのイメージができ、これから進めていく中でどうしてもお力を借りたい方々を自分の中でリストアップし、お一人ずつ会いに行くことにしました。

単にご協力をお願いしたいだけではなく「どうしても、この方に力になっていただきたい」という方々です。

自分の考え、今後やりたいことを取りまとめ、ご協力をお願いしてしました。皆さん、快く応援することをお引き受けくださることになりまずは、ひと安心です。

考えてみれば、起業して13年間、改まって自分の考えを話し、行動を起こしたのは初めてのことです。

自分の考えに賛同、ご協力をいただくことの責任を強く感じています。

提案には大義名分が必要!

ご支援いただきたい方のお一人、弁護士の清金先生へ一番初めにプランを聞いてもらいましたが、難色・・・・課題を多くいただき、再度検討することが多くなりました。しかし、あきらめずひとつ、ひとつに「大義名分」を求めて考え直すことにします。

なぜ、そうするのか?

単なる思いつきや発想だけではないのか?はじめは、そうだったとしても、自分が主張する理由がちゃんとあるのか・・・

当たり前のことですが、とても大切なことだと思います。

人は、その人の思いの強さと考えにうなづいてくれるのだと感じました。

第一回あぴミーティング開催

2009.01

第一回あぴミーティング開催のため弊社ミーティングルームへ集まっていただきました。メンバーは、病院人事の芦田さん、リスクコンサルタントの伊集院さん、食品衛生コンサルタントの岡崎さん、インキュベーションマネジャーの奥田さん、国際行政書士の陳さん、徳田の6人でスタートします。

あぴネット基礎案を出して皆で揉みこんでいくのですが、「考えたつもり」がいろいろな角度からご質問やご指摘をいただくと不十分な点が見えてきます。

自分では「これで、どうだ!?」というものや考え方を取りまとめて皆さんの前でミニプレゼンを行います。詰めていくことで問題点が明確になり非常に有難いミーティングです。

しかし、メンバーは皆さん「経営」にかかわっておられる方ばかり。毎回、緊張感のあるミーティングになります。

管理栄養士起業

                       あぴネッツキックオフセミナー詳細はこちらへ

                         
記事一覧へ